2020年8月17日 更新

夏嫌いが猛暑を生き抜くクールアイテム

控えめに言っても、歯ぎしりするほど憎々しい季節、それが夏。冬眠ならぬ夏眠をしてやり過ごしたいと、小学生の頃から毎年考えています。夏眠できる環境適応型のボディがなかなか手に入らないので、今年も道具を駆使して乗り切るしかない!

166 view お気に入り 0

夏嫌いが加速する2020

毎年毎年5月から10月まで30℃超えの日が出現し、6月7月8月9月は35℃オーバーが当たり前、体温超えの40℃に迫る日も多々、日本の大部分はすでに、一年の半分が夏になってしまいました。そんななか、恐ろしい記事を見つけたので、ぜひ読んでいっしょにクラクラ​しましょう!
このままの経済活動を続けていると、21世紀末には平均気温が4℃前後上昇して、日本国内も軒並み最高気温が40℃オーバー! その頃には地中にすみかを構えるのかなあ……日中は屋内で過ごして、夜になると家の外に出て……オーストラリアにそんな街あったなあ……クーバーペディって名前だったなあ。地球人は地中人への道を歩み始め……妄想は膨らみます。

クールアイテムいろいろ

今年は、夏休みだからって、これまでみたいにパーッと気軽に出歩ける雰囲気ではないので、罪悪感ゼロでひきこもりを決め込みます。生活必需品の買い物に出るのは、基本的に日が沈んでから。コウモリ気分です。

日中出かけざるを得ない場合は、UV対策アイテムとクールアイテムで完全防備です。自分だけのオアシスとなる日傘、長袖の羽織りもの、またはアームカバー、日焼け止めはクールタイプ。「クール」「ひんやり」の文字を見ると、条件反射的に飛びつきたくなります。そして、紫外線から目を守るサングラス。そう、目の日焼けにも要注意ですよ。
ここ数年は、携帯扇風機がいい仕事してくれています。ドラッグストアでも見かけますし、強めの風を出せる大型タイプや小さなバッグにも入るミニファン、首にかけるタイプなど、すっかり定着しましたね。
 (4147)

よれよれと日光の下をさまよい、「暑いDEATH!」「帰りたいYO!」の脳内エンドレスリピートがスタートし、だんだん視界がにごってきたら、気付け薬……ではなく、ぬらしたクールタオルを目に当てて正気を取り戻します。同時に、水分補給と適宜休憩も忘れずに。長時間の外出時には、体用、顔用、頭皮用クールスプレー各種を持ち歩くのが理想的です。頭皮用、いいですよ。シューッとすると熱のこもった頭を冷やしてくれて、頭寒足熱が実現します。気分的には頭寒足寒でもいいくらい!

ありがとう気化熱!

汗でベトベトの肌は、ボディシートで拭くとさっぱりしますよね。汗は、乾いたタオルなどではなく、ぬれタオルやボディシートで拭くのが正解です。気化熱の作用で、水分が蒸発するときに肌の熱も奪ってくれて、ひんやり感を味わえます。

ボディシートは、冷蔵庫に入れて冷たくして使うと、さらに涼感と爽快感がアップします。肌に貼れる冷却シートも、冷蔵庫インがおすすめです。汗を拭いた肌に、エアコン+扇風機の風を浴びると、今年の夏もなんとか生き延びることができそうな、そんな気持ちになれるのです。
 (4151)

13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【予防と対策】熱中症から身を守ろう!

【予防と対策】熱中症から身を守ろう!

やっと寒暖差の激しい日々が終わったと思ったら、一気に蒸し暑い日々に…。こうした時期に気をつけなければいけないのが「熱中症」です。熱中症がどういうものか何となく知っている方は多いと思いますが、改めて熱中症とは何か、その症状、予防法、対策をおさらいしましょう。
まっつん | 499 view
<新商品>マスクによる蒸れ・メイク崩れが気になった時に 「ビオレ メイクの上からリフレッシュシート」ひんやりクールタイプ限定発売

<新商品>マスクによる蒸れ・メイク崩れが気になった時に 「ビオレ メイクの上からリフレッシュシート」ひんやりクールタイプ限定発売

きれいなメイクはそのままに!お化粧直しがキマってメイクしたての肌よみがえる!/花王株式会社(花王MKニュース)<情報配信元:PR TIMES>
ラジオ体操こそ至高の有酸素運動!? ダイエットにも運動不足な方の健康維持にも!

ラジオ体操こそ至高の有酸素運動!? ダイエットにも運動不足な方の健康維持にも!

一昔前は、プール、海、アイス、そうめんなどと並んで、夏の風物詩のひとつとして数えられたラジオ体操。早起きという苦行を経験しながら、毎朝公園や公民館に行ってはんこを押してもらった方も多いはず(と同時に、「早起きは三文の徳」を体感した方もきっといるはず…?)。そんなひと夏の思い出、実は体力UPにも基礎代謝UPにも筋トレにも適した運動だったんです!
まっつん | 699 view
ヒートショックより危険!? 冬の熱中症にご注意!

ヒートショックより危険!? 冬の熱中症にご注意!

11月26日は「いい風呂の日」……ですが、浴室は家庭内で事故が起こりやすい場所のひとつだってご存知でしたか? 以前から「冬のお風呂では、ヒートショックに注意!」と言われてきましたが、冬場の入浴中の事故には、ほかにも原因がありそうなんです。
おれのいです | 214 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ニューロンJ ニューロンJ

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く