2020年1月17日 更新

お餅を食べると便秘になるような気がする……のは、気のせいではない!?

お餅、おいしいですよね。私は大好きです。年がら年中食べている私のような人種はともかく、多くの人にとってお正月は、普段は忘れているお餅の存在を再発見するタイミング。再ディスカバリー・オブお餅! ところが、お餅を食べると便秘になるような気がして……という声もチラホラ。せっかくのお餅シーズンだというのに、それは聞き捨てなりません!

2,776 view お気に入り 0

お正月といえばお餅。お餅といえば、便秘になる?

お正月といえば、お餅です。おせちとか、初詣とか、駅伝とか、いろいろありますけど、何はさておき、お餅なのです。お雑煮に入れるお餅、3つ入れたいところを我慢して2つ……いや待って、やっぱり3つ!

年始から悩みます。除夜の鐘とともに消え去ったはずの煩悩が一夜にして我が身に舞い戻ってきたのを実感させられます。

しかし、お餅を食べると便秘になる気がする……好きだけど食べられない……という方が一定数いらっしゃる模様。そ、そんな。お餅を楽しんでこそのお正月(独断)。お餅で便秘なんて、気のせいだったりしませんか(気のせいだといいなあ)?

「お餅で便秘」のメカニズム

なぜ、お餅を食べると便秘になるような気がするのでしょう。

お餅そのものは、蒸したもち米をきねでついて作られていますね。お米の主成分はでんぷん、これは消化されやすいもの。決して便秘になりやすい食材ではありません。ただ、おいしいからとお餅ばかりを食べてしまうとおなかが膨れて、ついついお餅だけで食事を終えてしまうことに。

すると、おなかのなかでお餅同士がくっついて、排出されにくくなります。さらに、水分をあまり摂らずに食べると、お餅同士の癒着がより強固になり、消化されにくくなってしまいます。つまり、お餅が直接便秘を引き起こすのではなく、お餅だけでおなかが膨れてしまい、ほかのおかず、とくに野菜などの食物繊維を食べる量が減ってしまうことが「お餅で便秘?」の大きな原因となっているのです。

また、一般的な個包装の切り餅は、1つ約50gでおよそ120kcal。2つ食べると、ごはん茶碗一杯分とほぼ同じカロリーになります。お餅をいくつも食べていると、それだけで簡単にカロリーオーバー! 

お雑煮にお餅3つも入れている場合ではなかったか。それに、数個のお餅で満足して野菜を食べられなければ、便秘になる人もいるかも……反省をこめ、解決策を考えます。

そこで便秘対策にポイントをあてた際にお餅に足りない、食物繊維について考えてみましょう。
食物繊維には水溶性と不溶性があるのですが、水溶性食物繊維は、腸内で水分を含むとゲル状になり、便を柔らかくしてくれます。一方、不溶性食物繊維は腸内で水を吸って膨らみ、便のかさを増して腸の動きを促してくれます。どちらも便秘対策の強力な味方ですね!

よし、これを踏まえたお餅レシピを考えてみましょう。

便秘対策! おすすめお餅レシピ

まずは日本の伝統をおさらいしてみましょう。日本で昔から親しまれているお餅の食べ方って、実は食物繊維がうまく組み合わされているんです。というわけで、これをプチアレンジしてみました。

◆磯辺焼き
焼いたお餅に醤油と海苔、これは何個でもいける!……いやいや、非常においしいですが控えめに。
海苔をお餅にひと巻きしたくらいでは心細いので、きざみ海苔をさらにトッピングする「追い海苔」がおすすめです。海苔まみれでおいしい!
 (2714)

◆からみ餅
焼くか、水にくぐらせてから軽くレンチン(600Wで30秒くらいずつ様子を見ながら)したお餅に、大根おろしをたーっぷり、これはさっぱりして箸が止まらない……いやいやこれも非常においしいですが控えめに。
こちらも、大根おろしをこれでもか! とのせ、大根おろしまみれにして食べましょう。
生の大根に含まれる消化酵素が消化を助けてくれます。なお、大根をおろして出てきた汁にも消化酵素がたっぷり入っています。水分不足解消にも役立ちますので、ぜひ汁ごと召し上がってくださいね。
 (2715)

◆お餅ピザ
こちらは、最近出てきた食べ方ですが、お餅とチーズの相性の良さもあり、もうすっかりメジャーになりました。

厚みを半分にしたお餅に、好きな具とチーズをトッピング。何種類も作っていろいろ食べたい……少しずつね。おすすめの具は、きのこ。
 (2716)

バター炒めにしてベーコンもプラスすれば、もうたまらない! きのこの不溶性食物繊維もおいしくたっぷり摂れますよ。
 (2717)

このほかにも、鍋に投入すれば肉や魚介、野菜もいっしょに食べられます。腸内環境を整えるキムチや味噌、納豆といった発酵食品とともに食べるのもいいですね。軽くレンチンして、ドライフルーツとナッツ、はちみつをかけてデザート感覚で食べるのもおいしいです。うーん、お餅レシピは無限に広がりますね! 夢があります。

お餅を食べる量はほどほどにして、水分を摂りながらよくかんで食べること。これを意識するだけでも便秘対策となります。今年は、お餅の食べ方に少しだけ気をつけて、便秘知らずのお正月になるといいですね。
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本のスーパーフード! 「海苔」の記念日知っていますか?

日本のスーパーフード! 「海苔」の記念日知っていますか?

いよいよ2月! 節分だ! 恵方巻だ! そして海苔の記念日だ! 今こそ名脇役だった海苔が「主役級の名脇役」となるときです!
ニューロンJ | 84 view
一般常識じゃない! ドラッグストア常識クイズ【4】

一般常識じゃない! ドラッグストア常識クイズ【4】

いつも立ち寄るドラッグストア。なにげなく利用しているけど、気がついてみれば知らないことも多いもの。そんな気づきによる素朴な疑問に、あなたは答えられますか?
さばネコ | 196 view
<新ブランド米>もう食べた? 米どころからデビューした注目の品種

<新ブランド米>もう食べた? 米どころからデビューした注目の品種

全国各地の米どころが研究を重ねて送り出した新ブランド米が続々とデビューしています。昔から変わらないようにみえるお米も、実は進化しているのです! ドラッグストアやスーパーなどで見かけたらぜひ試してみてください。
any | 129 view
【危険? 安全?】豆腐の凝固剤って何よ!?

【危険? 安全?】豆腐の凝固剤って何よ!?

ドラッグストアで「1丁19円」なんて値段で売られていることもある豆腐。豆乳を固めるときにはもれなく「凝固剤」が使われています。健康にいいといわれる豆腐ですが、凝固剤は体に悪くないのでしょうか。そもそも凝固剤とは何なのでしょうか。
ヱスヰ | 1,481 view
冷凍食品にも潜んでいる!? ノロウイルスの撃退方法!

冷凍食品にも潜んでいる!? ノロウイルスの撃退方法!

寒い季節になると必ずといっていいほどニュースになるノロウイルス。「ノロウイルス=カキ」と考えている方は多いと思いますが、実は原因となる食品が特定できない食中毒事例が約7割もあるといわれています。どこに潜んでいるかわからないノロウイルスに、どう立ち向かえばいいのでしょうか?
まっつん | 789 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ニューロンJ ニューロンJ

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く