2019年11月21日 更新

インフルエンザ予防に“うがい”は効果がない!?

今年はインフルエンザ流行の兆しが早く、東京都では9月に流行開始と発表されました。インフルエンザの予防法といえば、「マスク」「うがい」「手洗い」が常識とされていますが、近年、それに変化が見られています。本格シーズンを迎える前に、いま一度インフルエンザの予防法について、再確認してみましょう!

268 view お気に入り 0

感染経路は、“飛沫”と“接触”

そもそもインフルエンザは、どうやって人から人へ感染してしまうのでしょうか? 感染する経路は大きく2つ。

1つは、インフルエンザウイルスに感染した人(感染者)のくしゃみやせき、つばなどに含まれたウイルスを、近くにいた人が吸い込むことで感染します。これを「飛沫感染」といいます。

もう1つは、感染者がくしゃみやせきをしたときに口や鼻を押さえた手で触れたドアノブやスイッチを、別の人が触れることで体内に入って感染する「接触感染」です。

“うがい”は、こまめにしないと意味がない!

 (2333)

実は、感染の原因として多いのが、手を介してうつる接触感染です。

飛沫感染の場合、くしゃみやせきをする人から距離を取るだけでも、感染のリスクを減らすことができます。しかし、接触感染の場合、ウイルスは2時間から8時間付着したまま生きていることも報告されており、知らず知らずのうちに身近なものに触れるだけで感染したり、自分が触ったもので別の人にうつったりするというように、感染がどんどん広がっていきます。こうしたことから、「手洗い」​はインフルエンザから守る有効な手段とされています。

一方で、「うがい」は、“一般的なかぜなどを予防する効果があるといわれていますが、インフルエンザを予防する効果については科学的に証明されていません首相官邸サイトに記載されています。ウイルスが吸い込まれ、のど・鼻の粘膜に付着した場合、細胞内に短時間で侵入し感染すると考えられているため、付着したらすぐに洗い流さないといけません。しかし、1日何回もうがいをすることは現実的には難しいことから、インフルエンザ予防には効果が薄いと考えられるのです。

ただし、「うがい」が“かぜの予防”になることは研究により明らかになっています。「うがいをすれば、インフルエンザは絶対大丈夫」ということはありませんが、乾燥によって気道粘膜の防御機能が低下することから、かぜの予防を含めて「うがい」を習慣化しておくとよいでしょう。

見直そう! インフルエンザ予防法

厚生労働省では、インフルエンザを予防する有効な方法を下記のようにまとめています(平成30年度インフルエンザQ&Aより)。

1)流行前のワクチン接種
インフルエンザワクチンは、感染後の発症リスクを低減させる効果があり、発症した場合の重症化防止に有効と報告されている。
2)外出後の手洗いなど
水や石けんを使った手洗いは、手指などについたインフルエンザウイルスを物理的に除去する。また、インフルエンザに限らず、接触感染や飛沫感染などによる感染症対策の基本となっている。
 (2337)

3)適度な湿度の保持
空気が乾燥すると気道粘膜の防御機能が低下するため、インフルエンザにかかりやすくなる。暖房などで乾燥しやすい室内では加湿器などで湿度を50~60%に保つと効果的。

4)十分な休養とバランスのとれた栄養摂取
体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日頃から心がける。

5)人混みや繁華街への外出を控える
インフルエンザが流行し始めたら、人混みや繁華街への外出を控える。やむを得ず外出する場合は、飛沫感染を防ぐ方法の一つにマスクの着用がある。
 (2340)

また、防御するだけでなく、人にうつさないためにもくしゃみやせきが出ている間はマスクを着用するようにしましょう。マスクにウイルスが付着している可能性もあるので、できれば外すたびにマスクを捨てるのがおすすめです。

自分の体を守るのは、自分自身です。そして、感染拡大を防ぐためにも「かからない」「うつさない」を実践して、インフルエンザシーズンを乗り切りましょう!
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「アナタとインフルエンザの帰宅」 家のお掃除で感染予防!

「アナタとインフルエンザの帰宅」 家のお掃除で感染予防!

『おまえたち人間には信じられないだろうが、私は見えないだけでそこにいる。 座っていた近くで誰かがしたくしゃみの飛沫。つり革で瞬いていた手アブラのヌメリ。そのときは気にしても、時間と共にやがて忘れて、うっかり目や口を触ってしまう。 あくびの涙のように。感染する時が来た』
さばネコ | 589 view
エアコンが原因!? 夏かぜをひかない過ごし方とは?

エアコンが原因!? 夏かぜをひかない過ごし方とは?

夏かぜは、かかってしまうと治りにくくて非常にしんどいですよね。夏かぜの原因はいろいろありますが、実はエアコンの使い方が一因となっていることもあるんです。エアコンの適切な使い方を知り、夏かぜを予防しながら猛暑を乗り切りましょう。
まっつん | 251 view
新型コロナウイルス感染症の猛威は、あのSARS以上?【1月30日版】

新型コロナウイルス感染症の猛威は、あのSARS以上?【1月30日版】

新型コロナウイルス感染症が世界に拡大、ますます勢いを増しているようにも見えます。少し前に流行した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」の中国国内の感染者数を早くも上回っているとか……。そうした感染症から、自分や家族を守る方法はあるのでしょうか?
シャーク森口 | 281 view
【それゆけ! 禁忌kids】第1回「かぜで花粉症なら何を飲めばいいの?」の巻

【それゆけ! 禁忌kids】第1回「かぜで花粉症なら何を飲めばいいの?」の巻

元気が取り柄だけど、毎度問題を起こしちゃうドラッグ店員「平気くん」。いつもムチャしがちな彼に、正しい薬の使い方を伝授するためにやってきた「禁忌kids(きんきキッズ)」。うまく平気くんを導くことができるのでしょうか……?
シャーク森口 | 1,408 view
かぜに効く漢方薬といえば、“アレ”だって思い込んでません!?(かぜ漢方1) 【ジャストフィット漢方薬 第4回】

かぜに効く漢方薬といえば、“アレ”だって思い込んでません!?(かぜ漢方1) 【ジャストフィット漢方薬 第4回】

あなたにジャストフィットする漢方薬をご紹介する当コーナー。今回は、数ある疾患のうち、最もよく使われる疾患といっても過言ではない、かぜのときにおすすめの漢方薬をとりあげます。「かぜにはとにかく葛根湯」と思っているアナタ、ほかにもいい漢方薬があるんですよ!
シャーク森口 | 483 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まみや まみや

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く