2019年8月16日 更新

エアコンが原因!? 夏かぜをひかない過ごし方とは?

夏かぜは、かかってしまうと治りにくくて非常にしんどいですよね。夏かぜの原因はいろいろありますが、実はエアコンの使い方が一因となっていることもあるんです。エアコンの適切な使い方を知り、夏かぜを予防しながら猛暑を乗り切りましょう。

208 view お気に入り 0
 (1723)

夏かぜ・冬かぜをひく原因はまったく違うんです!

そもそも、夏かぜと冬かぜは何が違うのでしょうか?
その違いは、かぜをひく時期だけではないんです。

ウイルスが違う

かぜのほとんどはウイルスによるものです。
しかし、夏かぜと冬かぜでは、原因となるウイルスが異なります。

まずはオーソドックスな冬かぜから。
冬は気温も湿度も低い季節ですよね。
そのため、低温低湿を好むRSウイルスコロナウイルスなどが冬かぜの原因となります。

一方、夏は気温も湿度も高い季節。
高温多湿を好むアデノウイルスエンテロウイルスなどが活発になり、夏かぜを引き起こします。

症状が違う

かぜの症状といえば、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、のどの痛み、せき、たん、悪寒、発熱、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み。

「どちらもかぜなんだから、夏も冬も症状なんて同じでは?」と思う方も多いかもしれませんが、原因となるウイルスが違うので、症状にも違いがあります。
一般的に、冬かぜは鼻水やのどの痛み、せきなどが多く、夏かぜでは発熱や頭痛、のどの痛みなどが主だった症状となります。
そう、夏かぜのほうが熱が出やすい傾向があるのです。

また、エンテロウイルス(エンテロ=腸という意味)が腸で増殖すると、下痢や腹痛を生じることがあるため、「夏かぜはおなかにくる」といわれることもあります。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子どものほうが危険! 熱中症

子どものほうが危険! 熱中症

炎天下での運動や遊び、プール、屋外で活動することが多いこの時季に心配なのは「熱中症」! 熱中症は、夏の暑い日に起こるとは限りません。子どもは、大人よりも熱中症にかかりやすいため、日頃から注意し、十分な対策をしましょう。
みかん | 97 view
【予防と対策】熱中症から身を守ろう!

【予防と対策】熱中症から身を守ろう!

やっと寒暖差の激しい日々が終わったと思ったら、一気に蒸し暑い日々に…。こうした時期に気をつけなければいけないのが「熱中症」です。熱中症がどういうものか何となく知っている方は多いと思いますが、改めて熱中症とは何か、その症状、予防法、対策をおさらいしましょう。
まっつん | 316 view
一般常識じゃない! ドラッグストア常識クイズ【2】

一般常識じゃない! ドラッグストア常識クイズ【2】

いつも立ち寄るドラッグストア。なにげなく利用しているけど、気がついてみれば知らないことも多いもの。そんな気づきによる素朴な疑問に、あなたは答えられますか?
さばネコ | 1,122 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まっつん まっつん

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く