2019年8月16日 更新

エアコンが原因!? 夏かぜをひかない過ごし方とは?

夏かぜは、かかってしまうと治りにくくて非常にしんどいですよね。夏かぜの原因はいろいろありますが、実はエアコンの使い方が一因となっていることもあるんです。エアコンの適切な使い方を知り、夏かぜを予防しながら猛暑を乗り切りましょう。

297 view お気に入り 0
 (1723)

夏かぜ・冬かぜをひく原因はまったく違うんです!

そもそも、夏かぜと冬かぜは何が違うのでしょうか?
その違いは、かぜをひく時期だけではないんです。

ウイルスが違う

かぜのほとんどはウイルスによるものです。
しかし、夏かぜと冬かぜでは、原因となるウイルスが異なります。

まずはオーソドックスな冬かぜから。
冬は気温も湿度も低い季節ですよね。
そのため、低温低湿を好むRSウイルスコロナウイルスなどが冬かぜの原因となります。

一方、夏は気温も湿度も高い季節。
高温多湿を好むアデノウイルスエンテロウイルスなどが活発になり、夏かぜを引き起こします。

症状が違う

かぜの症状といえば、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、のどの痛み、せき、たん、悪寒、発熱、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み。

「どちらもかぜなんだから、夏も冬も症状なんて同じでは?」と思う方も多いかもしれませんが、原因となるウイルスが違うので、症状にも違いがあります。
一般的に、冬かぜは鼻水やのどの痛み、せきなどが多く、夏かぜでは発熱や頭痛、のどの痛みなどが主だった症状となります。
そう、夏かぜのほうが熱が出やすい傾向があるのです。

また、エンテロウイルス(エンテロ=腸という意味)が腸で増殖すると、下痢や腹痛を生じることがあるため、「夏かぜはおなかにくる」といわれることもあります。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インフルエンザ予防に“うがい”は効果がない!?

インフルエンザ予防に“うがい”は効果がない!?

今年はインフルエンザ流行の兆しが早く、東京都では9月に流行開始と発表されました。インフルエンザの予防法といえば、「マスク」「うがい」「手洗い」が常識とされていますが、近年、それに変化が見られています。本格シーズンを迎える前に、いま一度インフルエンザの予防法について、再確認してみましょう!
まみや | 327 view
新型コロナ対策が効いた? さまざまな感染症が激減!

新型コロナ対策が効いた? さまざまな感染症が激減!

つらい自粛期間を、手洗い、マスク、そして消毒・除菌にがんばった結果は――驚くべきものだったのです。
さばネコ | 95 view
【手洗いの注意点】感染予防には、爪ケアも忘れずに!

【手洗いの注意点】感染予防には、爪ケアも忘れずに!

石けんを使ったこまめな手洗いは、ウイルスをはじめ多くの感染症の予防に有効です。厚生労働省も、外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗うように案内しています。ですが、手洗いのポイントのひとつに爪のケアがあることをご存知ですか?
みかん | 118 view
<ニュース>全店の服薬指導カウンターに飛沫感染予防のアクリルパーテーションを導入

<ニュース>全店の服薬指導カウンターに飛沫感染予防のアクリルパーテーションを導入

スギホールディングス株式会社のプレスリリース <情報配信元:PR TIMES>
ウイルスに負けない! 「歯磨き」で感染症予防?

ウイルスに負けない! 「歯磨き」で感染症予防?

ウイルス感染の予防にどんなことをしていますか? 厚生労働省がすすめているのは、手洗い、せきエチケット、正しいマスクの着用…こうした定番の予防法に加え、ていねいな「歯磨き」もウイルス感染予防に役に立つかもしれませんよ。
みかん | 446 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まっつん まっつん

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く