2020年1月6日 更新

暴飲・暴食をストップ! 痩せるカギはホルモン!?

ダイエットを成功させたいのに日々の食欲がとまらない。私たちは昼になると、おなかが空いて食事がしたくなります。このような食欲はどのように調節されているのでしょうか? 食欲はダイエット成功のカギを握ります。

174 view お気に入り 0

食欲を知る!

 (2539)

食欲の調節には脳が関与しています。
脳の視床下部には、摂食中枢満腹中枢という2つの中枢があり、体からの信号をキャッチして「おなかが空いた」とか「おなかがいっぱい」などを判断しています。また、食欲は、さまざまなホルモンのはたらきによって増進したり、抑制したりされています。

そのなかでも満腹を感じる満腹中枢は、「レプチン」というホルモンの影響を受けます。ここで、レプチンと食欲の仕組みについて見てみましょう。
食事をする

血糖値が上昇する

脂肪細胞が刺激される

「レプチン」が分泌される

「レプチン」が満腹中枢を刺激する

食欲が抑えられる『おなかがいっぱい!』
つまり、食事をすることで分泌された「レプチン」により、食欲が抑えられ、満腹だと感じます。
また、「レプチン」は交感神経に作用して、エネルギー消費を促し、エネルギーの過剰な蓄積を防ぐはたらきもあります。

「レプチン」を味方に?

食欲をコントロールしたいなら、「レプチン」の血中濃度を高い状態に保てばいいということになります。
ポイントは、食事にかける時間です。
早く食べてしまうと、「レプチン」の分泌が間に合わず、満腹を感じるまでの間に多くの食事を摂ってしまうため、食べ過ぎに繋がります。そのため、ダイエットを成功させたい場合は、ゆっくりよくかんで食事をするようにしましょう。
 (2540)

ここまで読むと、「レプチン」が、多く分泌されればされるほど、食欲も抑えられエネルギー消費も進むのでは? と思いがちですが、そうではありません。

体の中で「レプチン」の過剰分泌が続くと、レプチンと結合して満腹中枢を刺激する「受容体」が正常に機能しなくなってしまいます。そうすると、満腹中枢が刺激されても食欲が抑制できないことに。

肥満の人は、このことが原因となり、食欲のコントロールができず、さらなる食べ過ぎをまねいている場合が多いようです。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【実践編】今日からできる! 食欲に負けない体づくりのポイント

【実践編】今日からできる! 食欲に負けない体づくりのポイント

<前回までのあらすじ> 心の眼を開き、自らの体と対話することで「幻の空腹感」を見抜く術を手に入れたあなた。ですが、まだ真のダイエッターの道を歩み出したに過ぎません。今回は「本物の空腹感に負けない体」を手に入れるポイントをご紹介します!
おれのいです | 98 view
食欲コントロールで「ガマンしないダイエット」。「幻の空腹感」を見破れ!

食欲コントロールで「ガマンしないダイエット」。「幻の空腹感」を見破れ!

世のなかには、リンゴだ、ゆで卵だ、糖質制限だと、ダイエット情報がたくさん。なのに減量に失敗してしまうのは、結局「食欲に負けて食べてしまうから」ですよね。だったら、食欲を抑えてしまえばいいじゃないですか。「そんなことできるの?」って? 「できるか」じゃなくて「やる」んです(きっぱり)!
おれのいです | 174 view
ダイエット成功にはビタミンが必須!

ダイエット成功にはビタミンが必須!

ダイエットで余分なカロリーを減らすのはいいけれど、必要な栄養素まで減らしてしまい、体調を崩すことも…。そんなことにならないためには、栄養バランスをきちんと考えることが大切です。今回は、ダイエットに大きく関係するビタミンをご紹介します。
みかん | 164 view
もうすぐ夏休み! ラジオ体操は合理的なダイエット法だった!?

もうすぐ夏休み! ラジオ体操は合理的なダイエット法だった!?

いよいよ夏本番! 夏の風物詩といえば、プール、海、アイス、そうめんなどたくさんありますが、ラジオ体操もそのひとつ。早起きという苦行を経験しながら、毎朝公園や公民館に行ってはんこを押してもらった方も多いはず(と同時に、「早起きは三文の徳」を体感した方もきっといるはず…?)。そんなひと夏の思い出が、時を経て、今度は素敵なダイエット法として舞い戻ってきたのです!
まっつん | 166 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みかん みかん

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く