2021年2月1日 更新

どれを選ぶ? うがい薬【なんとなく成分がわかるまとめ】

うーん、のどの調子が悪い……うがい薬でも買おうかな。なんだか、透明なやつとか茶色いやつとかいろいろあるけど、何か違うのかな――うがいの薬を説明してくれないものか。

436 view お気に入り 0

うがい薬は色で使い分けができる

 (4994)

うがい薬の成分は大きく分けて3種類で、液の色が何色かで見分けられます。

【褐色】

消毒作用が高い成分を配合しているので、「のどの消毒」におすすめです。しかし、味にクセがあり、嫌いな人もいます(味を工夫している製品もあります)。また、服などに付いてしまった場合、色がなかなか落ちません。
<主な成分>
「ポビドンヨード」

【青紫色】

のどの炎症を抑えるはたらきがある成分を配合しているので、「のどの腫れ」におすすめです。味には影響しないので、うがいもしやすいでしょう。
<主な成分>
「水溶性アズレン」

【透明】

消毒作用をもつ成分を主体として、炎症を抑える成分も配合されていることが多いようです。褐色のうがい薬の味が苦手な人におすすめできます。
<主な成分>
「セチルピリジニウム塩化物(CPC)」「グリチルリチン酸二カリウム」
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ヒスタミンパワー 【花粉症の症状】

ヒスタミンパワー 【花粉症の症状】

ドラッグストアの売り場といえばさまざまなカテゴリーの医薬品コーナー。そうした医薬品につながる、病気と薬の仕組みについて、シンプルに解説していきます。ここでは、「花粉症」に関連した情報をまとめました。
さばネコ | 218 view
花粉症の「早い症状」「遅い症状」とは? 【花粉症の症状】

花粉症の「早い症状」「遅い症状」とは? 【花粉症の症状】

ドラッグストアの売り場といえばさまざまなカテゴリーの医薬品コーナー。そうした医薬品につながる、病気と薬の仕組みについて、シンプルに解説していきます。ここでは、「花粉症」に関連した情報をまとめました。
さばネコ | 196 view
ヨード 【医薬品】

ヨード 【医薬品】

ドラッグストアの売り場といえばさまざまなカテゴリーの医薬品コーナー。そうした医薬品につながる、病気と薬の仕組みについて、シンプルに解説していきます。ここでは、「感染症」に関連した情報をまとめました。
さばネコ | 211 view
ステロイドって怖い薬じゃないの?――外用薬編

ステロイドって怖い薬じゃないの?――外用薬編

虫刺されや湿疹、あせもなど、我慢できないかゆみが起こりやすい季節。こうした肌トラブルに効果的なのが、ステロイドを配合した塗り薬(外用薬)です。でも、「ステロイドって何だか怖い」という人もいるようで……。
おれのいです | 1,645 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

さばネコ さばネコ

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く