2020年7月2日 更新

『■X』の系譜(その2)――市販薬の不思議

市販薬でよく見る“■X”というネーミング。どんなものがあるのか調べてみました。その第2部です。

240 view お気に入り 0

「認めたくないものだな、成分由来じゃないネーミングというのは」

 (3545)

第1部でそれなりの盛り上がりを見せた気がするAからGでしたが、この勢いは続くのでしょうか。
※前回の記事 『■X』の系譜(その1)

では引き続き、品名に“■X”がついた薬について、HからQの由来などを独断と偏見で“憶測”していきましょう。
なお、医薬品名は、医薬品医療機器総合機構(PMDA)「一般用医薬品・要指導医薬品 情報検索」調べです(2020年5月1日時点)。
 

【HX~KX】ありません!

いきなりですが、H~Kまでありませんでした!
メーカーさん、「X」のここ、空いてますよ!

そこで、その名を冠したOTC医薬品を空想してみましたので、メーカーさん、よろしければご利用ください!
・ヘルペス再発治療薬「カゼノハナHX」
・ピリン系イブプロフェン配合解熱鎮痛薬「ネッサーガルIX」
・国産生薬を配合した総合胃腸薬「マスオミJX」
・ビタミンK以外を配合したビタミン剤「ナット・ウィレターレKX」
 

【LX】長く効く!(22件)

全22件中17品が水虫薬
・アスレットLXクリーム(水虫薬)
・コルゲンコーワ鎮痛解熱LXα(解熱鎮痛薬)  など

あえて言おう。“LX”は「1日1回の水虫薬」の名称であり、「長い(long)」の「L」であると!

でもロキソプロフェン(Loxoprofen)を配合した解熱鎮痛薬も3品あったのであしからず。
 

【MX】少なめで統一感なし(6件)

ビタミン剤が多いかなという印象です。
・シンドリグロンMX(ドリンク剤)
・コンドロビーMX(ビタミン剤)
・パイロンMX(かぜ薬)
・葛根湯エキス顆粒MX(漢方薬)  など

「パイロンMX」(シオノギヘルスケア)には“麻黄湯(maoutou)”が“ミックス(mix)”された処方ですが、葛根湯もMXになっていますからそうとも限らず、よくわかりません。
 

【NX】鼻炎じゃないの?(2件)

サンプル不足といわざるを得ません。
・ルルアタックNX(かぜ薬)
・ハリープレミアムNX(かぜ薬)

「ルルアタックNX」(第一三共ヘルスケア)は、ブランドサイトによると「鼻水・鼻づまりがつらいカゼによく効く」とのことですので、「鼻(nasal)」由来なのではと思われますが、一方、「ハリープレミアムNX」(小林薬品工業)は、たんやのどの痛みなどに効果的な処方なのでした。
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

『■X』の系譜(その3)――市販薬の不思議

『■X』の系譜(その3)――市販薬の不思議

市販薬でよく見る“■X”というネーミング。どんなものがあるのか調べてみました。その第3部、完結編です。
さばネコ | 158 view
『■X』の系譜(その1)――市販薬の不思議

『■X』の系譜(その1)――市販薬の不思議

たとえば「ラクナールンDX」。そんな薬の名前、ありそうですよね。でも、そのアルファベット2文字の意味は? 市販薬でよく見る“■X”というネーミングを掘り下げる問題作。名前に隠されたメーカーさんのヒミツを白日のもとに――おっと、誰か来たようだ。
さばネコ | 280 view
「コーラック」の違い ――市販薬、裏から見てみよう!【11】

「コーラック」の違い ――市販薬、裏から見てみよう!【11】

繊細なおなかのために、バリエーション豊富な「コーラック」シリーズ
さばネコ | 261 view
「ドリンクって?」一般常識じゃない! ドラッグストア常識クイズ【5】

「ドリンクって?」一般常識じゃない! ドラッグストア常識クイズ【5】

いつも立ち寄るドラッグストア。なにげなく利用しているけど、気がついてみれば知らないことも多いもの。そんな気づきによる素朴な疑問に、あなたは答えられますか?
さばネコ | 94 view
感染とは? 【感染と感染症】

感染とは? 【感染と感染症】

ドラッグストアの売り場といえばさまざまなカテゴリーの医薬品コーナー。そうした医薬品につながる、病気と薬の仕組みについて、シンプルに解説します。ここでは、「感染症」に関連する情報をまとめました。
さばネコ | 52 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

さばネコ さばネコ

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く