2019年12月18日 更新

え? 「カサカサ肌」「ザラザラ肌」が「黒ずみ肌」に?

乾燥するこれからの季節は、カサカサ、ザラザラした「肌のお悩み」が増加しがち。何もしないで放っておくと、カサカサ、ザラザラが「黒ずみ」になってしまうかもしれませんよ!

475 view お気に入り 0
 (2455)

カサカサ肌を放っておくと、こんな怖いことが!

空気が乾燥する冬は、お肌の乾燥も感じやすくなる季節。人によっては乾燥してかゆみを感じることがあるかもしれません。かゆく感じるのはお肌に何らかの異変が起こっているから。そうしたかゆみ以外にも、いつの間にか黒ずみができてしまっているなんてことはありませんか? それは、こんなメカニズムで起きているんです。
「黒ずみ肌」ができるメカニズム

 (2456)

空気の乾燥や気温低下によって、角質層を保護している皮脂膜(水分と皮脂からなる)が減少し、お肌の水分が逃げやすくなります。
 (2468)

カサカサ、ザラザラになった肌は、水分が逃げたことで角質層にすき間ができてしまったお肌。このすき間に異物などが入って、刺激を受けやすくなっています。
 (2458)

刺激を受けた皮膚はガードを固めるがごとく、角質の厚みを増していき、硬くなって透明度もなくなります。また、外部からの刺激によって炎症が起こることもあります。かゆみを感じるのはこの状態のときですね。かゆいからとかいてしまうと、さらに炎症が悪化することもあります。
 (2469)

炎症がメラノサイトを刺激し、メラニン色素が過剰に生成され、黒ずみの原因となります。
 (2470)

こうした黒ずみの原因が、ターンオーバーによってうまく排出されないと、色素が沈着してしまうことになるのです。

乾燥して刺激に敏感になってしまったお肌には、こんなことが起きているんですね。
日光に当たったときだけでなく、刺激や炎症によってもメラニン色素が生成されることがあるって、知っていました? こうして、皮膚にシミができたり、黒ずんだ肌になったりしてしまうわけです。これを「炎症後色素沈着」と呼びます。
19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

乾燥する冬、洗濯物が乾かないのはなぜ?

乾燥する冬、洗濯物が乾かないのはなぜ?

約3年ぶりにラニーニャ現象が発生し、2020年の冬は例年以上に冷え込む可能性が高いとか。それでなくても、冬は寒さと乾燥した空気により、さまざまな肌トラブルが起こりやすい季節です。でも、「空気が乾燥している」って言う割に、冬の洗濯物って乾きませんよね……?
おれのいです | 83 view
<新商品>製薬会社のビタミンC剤 「シナール」シリーズ史上最大の有効成分を配合!ビタミンC補給・しみ&そばかす対策に「シナールEX pro」本格発売

<新商品>製薬会社のビタミンC剤 「シナール」シリーズ史上最大の有効成分を配合!ビタミンC補給・しみ&そばかす対策に「シナールEX pro」本格発売

~2020年10月19日より全国の薬局・ドラッグストア等にて本格展開開始~/シオノギヘルスケア株式会社のプレスリリース<情報配信元:PR TIMES>
<新商品>マスク着脱による乾燥肌対策にも 「ヒルメナイド」からさっぱりタイプのローションが新登場!うるおってべたつきにくいヘパリン類似物質含有「ヒルメナイドローションライト」が新発売

<新商品>マスク着脱による乾燥肌対策にも 「ヒルメナイド」からさっぱりタイプのローションが新登場!うるおってべたつきにくいヘパリン類似物質含有「ヒルメナイドローションライト」が新発売

2020年9月11日より全国のマツモトキヨシグループ店舗(一部店舗を除く)と自社オンラインストアで発売/株式会社マツモトキヨシホールディングスのプレスリリース<情報配信元:PR TIMES>
ステロイドって怖い薬じゃないの?――外用薬編

ステロイドって怖い薬じゃないの?――外用薬編

虫刺されや湿疹、あせもなど、我慢できないかゆみが起こりやすい季節。こうした肌トラブルに効果的なのが、ステロイドを配合した塗り薬(外用薬)です。でも、「ステロイドって何だか怖い」という人もいるようで……。
おれのいです | 1,051 view
“しっとり”逃がさない! あなたも“ワセリンスキンケア”!

“しっとり”逃がさない! あなたも“ワセリンスキンケア”!

乾燥・冷気をシャットアウト! 強力なバリアで肌を守り、私たちが本来もっているうるおいを生かす。それが“ワセリン”のチカラ。揺るぎないうるおい肌を目指して、アナタはどれを選ぶ?
さばネコ | 161 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

シャーク森口 シャーク森口

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く