2019年4月1日 更新

もう掃除が雑だと言わせない! ――窓には窓の、床には床のお掃除シート――

皆さんは、窓拭きをどのくらいの頻度でやっていますか? 大掃除のときしかやらないという方もいるのではないでしょうか? 面倒くさがりの人でもワイパーとお掃除用シートがあれば、家事のクオリティがアップします。

493 view お気に入り 0

拭き掃除をこまめにすれば大掃除が楽々!

「窓拭きは大変だから、大掃除でまとめて!」という人もいるかもしれません。でも窓ガラスの曇りや鏡の水滴があると、毎日掃除をしていても、さぼっているように見えてしまいます。

そこで、大掃除嫌いな私の必需品は、掃除用のウェットシート。長めのワイパーにいろんな専用シートを付けて、床拭きのついでに窓も鏡もキッチン周りも拭いてしまいます。

ご覧ください。窓用シートを付けて、届きにくい上のほうからキューキューと下へ拭き下ろすだけ。手が届かない、怠りがちなところには、このやり方で楽にお掃除ができます。
高いところも楽々届く!

高いところも楽々届く!

専用シートを使い分ければお掃除上手!

最近は、場所に合わせて使える、窓用、壁用、キッチン用、トイレ用など専用シートの種類も多くなりました。また、フローリング用だけでも、ホコリや髪の毛をキャッチするドライタイプから、拭き上げるウェットタイプ、ワックス配合でピカピカになるものなどが出ています。
用途に合わせて使い分け

用途に合わせて使い分け

シートをたくさん使う人には、大判で汎用的なものが人気のようですが、用途別に使い分けたほうが、普通に拭いただけでは出ないツヤのある仕上がりになります。とくに、汚れが付きやすく、クリアに仕上げたい窓ガラス、鏡、レンジ周りは専用のものを! 汚れが付きにくい場所なら、1週間に1度拭くだけで十分。また、フローリング以外の場所には、力のかけやすい小ぶりなヘッドのワイパーが使いやすくておすすめです。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cocoro cocoro

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く