2019年7月17日 更新

「BBQで食中毒」 危ない! ただ刺して焼くだけで

命がけのBBQ―― そんなバカな、と思わないでください。実際に命にかかわった例もあるのです。下痢などを起こす食中毒の多くは、細菌やウイルスによる感染性のものですが、それ以外にも、自然に存在する毒、その名も「自然毒」が食中毒を引き起こすことがあります。そこで、間違えてはならない、手を出してはならない自然界の毒について知っておきましょう。

780 view お気に入り 1

よく焼いても油断大敵! 海の自然毒

「そうですか。あれも、それもよくなかったんですね…」
「山はしばらくやめておきます。やっぱりバーベキューは海辺ですよ」
「魚をつかまえたり、貝をとったり。もちろん、食あたりなんてしないように、ちゃんと火を通します」


――ここまでの証言から、何が間違っていたのかがわかってきました。
しかし、どうやらまだ、自然毒の危険に対する理解は不十分なようです。

そこでここからは、海に潜む自然毒についても見ていきましょう。

 

動物性の食中毒は、海が危ない!

 (1407)

陸上にも、ヘビやハチなどの有毒動物がいますが、これを食べて食中毒が引き起こされることはまずありません。
動物性の自然毒による食中毒は、ほぼ魚貝類によるものなのです。
これは、海の自然毒の多くが、火を通しても毒性がなくならないことが要因となっているのでしょう。

魚介の毒でよく知られるのはフグ毒ですが、それ以外にもさまざまな種類があり、また、魚だけでなく貝類も、かなり強力な毒をもつ場合があります(貝がフグ毒をもつことも!)。

さらに難しいのは、魚の部位によって危険性が異なることや、同じ貝でも、毒があったりなかったりすることです。

一般に販売されているものは、有害なプランクトンの監視などで安全性に配慮されたものですから、そうした“食材”となって流通しているものを口にするようにしましょう。
<魚介類の自然毒の例>
 ⇒ヒスタミン、シガテラ毒、フグ毒(テトロドトキシン)、パリトキシン、過剰なビタミンA(魚の肝)

二枚貝 ⇒麻痺性貝毒、下痢性貝毒、記憶喪失性貝毒、神経性貝毒、アザスピロ酸

巻貝 ⇒唾液腺毒(テトラミン)、フグ毒、光過敏症
  

まとめ

・食中毒を起こす“自然毒”をもつ動植物が、陸にも海にも存在することを認識し、注意する。

・「天然100%だから安心」「自然由来だから体にやさしい」などと思ってはならない。

・食中毒だと思われる場合は、市販薬で対処せず、すみやかに医療機関を受診する。

※文中の事例はフィクションです。毒性等は実際の例を参考にしていますが、採取シーズンや採取場所などについては、実際の状況と相違する場合があります。

<参考>
「食中毒」(厚生労働省)
「自然毒のリスクプロファイル」(厚生労働省)
「有毒植物による食中毒に注意しましょう」(厚生労働省)
「間違えやすい有毒植物」(東京都福祉保険局)
44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【下痢止め必須!?】海外旅行前に要チェック!! 水道から直接水を飲める国

【下痢止め必須!?】海外旅行前に要チェック!! 水道から直接水を飲める国

「都会の水道水はまずい」なんていいますが、世界的に見れば、水道水を飲めること自体がすごいこと。年末年始などの長期連休に海外旅行へ行く際は、水道水に注意が必要かも!?
ヱスヰ | 64 view
冷凍食品にも潜んでいる!? ノロウイルスの撃退方法!

冷凍食品にも潜んでいる!? ノロウイルスの撃退方法!

寒い季節になると必ずといっていいほどニュースになるノロウイルス。「ノロウイルス=カキ」と考えている方は多いと思いますが、実は原因となる食品が特定できない食中毒事例が約7割もあるといわれています。どこに潜んでいるかわからないノロウイルスに、どう立ち向かえばいいのでしょうか?
まっつん | 655 view
BBQの片づけが簡単に! ドラッグストアで買えるグッズ3選

BBQの片づけが簡単に! ドラッグストアで買えるグッズ3選

BBQが大好きで、休日にみんなでワイワイ楽しむ方も多いのでは? でも、BBQって「片づけ」が大変なんですよね…。そこで、これがあると片づけに便利! というグッズをご紹介します。
みかん | 143 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

さばネコ さばネコ

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く