2019年7月15日 更新

夏休み中のダイエットは全力案件なのか?

人類永遠のテーマ、ダイエット。学生の皆様にとって、そのタイミングとしてチャレンジしたくなるのは長期のお休みである“夏休み”じゃないでしょうか。…が、果たしてそのチョイスは合っているのか否か!? 新学期、君は生まれ変われるのか!?

94 view お気に入り 0

やっぱり基礎代謝って裏切らない!

 (1129)

夏休み中に見事ダイエットのミッションをコンプリートし、新学期を迎え、クラス中をざわつかせたい学生諸君。わかる、その気持ちは痛いほどわかる! 学生時代、夏休み中に通販で手に入れた怪しいサウナスーツ(みたいなやつ)を3着ダメにするほど着込んで走り込みまくった友人が私にもいました。ただ純粋にモテたいがために。見事カモら…3着の代金と引換にダイエットに成功した友人は、新学期のヒーローになりました。そして秋にはすっかりリバウンドしてダークサイドに堕ちました。今で言う、<陰キャ→陽キャ→陰キャ>という流れを一瞬で駆け抜けたのです、ひと夏で、彼は。

…それはさておき、まずはダイエットのポイント。それは下半身。体重を支える下半身には、おしりや太ももなどの大きな筋肉があります。そのため、下半身の運動は、基礎代謝を高めるのに効果的とされています。特別な運動ではなく、階段を昇り降りする、いつもより大股で歩く、などでもOKなので、毎日続けてみましょう。

ダイエット成功のキーとなるのは代謝?

 (1130)

思うようにダイエットできない人に多いのが、そもそも基礎代謝が低下して体が痩せにくくなっている場合。生活習慣の乱れ偏った食生活ストレス運動不足など、ちょっとしたことで代謝効率は低下するといわれています。

基礎代謝の落ちた体はやせにくく、頑張って食事制限や運動をしてもなかなか効果が得られません…。ダイエットを成功させるには、基礎代謝をコントロールして、体の内側からリフレッシュしやすいカラダを作ることが重要です。

ただ、体質に合った代謝のコントロール方法は人それぞれ。運動をするのが良いタイプもいれば、逆に休んで体を回復させることが最優先のタイプも。ストレス発散で代謝が整うタイプ、体を温めたほうが良いタイプ、逆に冷ましたほうが良いタイプ…。自分に合った方法を探すところから始めてみましょう。

で、夏休みのダイエット、どうなのよ?

 (1131)

では、冒頭で述べたダイエットは夏休みに行うべきか否か、に迫っていきます(ようやく)。

ご存知、日本の夏は高温多湿で、じめじめ蒸し暑く、少し動くだけで、いや、動かなくても汗をかき、運動もせずに体力を消耗しがちです。体力がなくなると、「体がだるい」「疲れやすい」といった“夏バテ”の状態に…。また、蒸し暑さで熟睡できず、翌日に疲れが残ってしまいがちですし、疲れがたまると、寝ても疲れがとれないほどになってしまうことも考えられます。

夏バテ解消には、十分な睡眠と休養が一番! 夜の睡眠をたっぷりとる、安静にする、昼寝をする…貴族のような生活ですが、夏休みこそこれを実践するチャンスです。

ちなみに、夏バテは体のエネルギー不足状態ですから、滋養強壮効果にも優れた「ナガイモ」でチャージするのもおすすめ。消化もいいですし。もしくは、ちょっとぜいたくに「ウナギ」なんかもいいですね。

よって、夏休みに全力案件で過激なダイエットに挑むのはあまりおすすめできません! あえて挑むのならナガイモかじって(すって)心してかかれよ、と。私はお伝えしたい。

じゃあいつならいいのよ? それはまた後日!

自分に合った代謝コントロールで、ダイエットとうまくじっくり付き合いましょう!
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

ニチジョウ ニチジョウ

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く