2019年10月2日 更新

乳幼児・妊婦が危険!? 流行中&大流行しそうな感染症まとめ【2019年9月版】

現在、RSウイルスが大流行しているようです。また、すでにインフルエンザも流行の兆しが。さらに、風疹について緊急情報が出されたり、「リンゴ病」も4年ぶりの大流行が心配されたりなど、今年は感染症が大はやりの予感。とくに、乳幼児や妊婦は注意が必要なんです!

252 view お気に入り 0

RSウイルス大流行!

 (2073)

国立感染症研究所が9月24日に発表した「IDWR速報データ 2019年第37週」(9月09日~9月15日分の集計)によると、1週間でRSウイルスに感染した患者数が、過去最多の1万846人を記録したそうです。患者数は4週連続増加中で、32都県が前週の報告数より増加。第1週(今年1月)から第37週までの全国の患者総数は8万7072人で、年間で最も多かった2017年(13万9557人)と比較しても同時期を上回る勢いとなっています。

RSウイルスは主に呼吸器の感染症を引き起こすウイルスで、生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の子どもが感染するとされています。成人の場合は軽いかぜのような症状ですみますが、乳児期早期(生後数週間~数カ月間)に初感染した場合は、細気管支炎や肺炎などの重篤な症状を引き起こすことがあるため注意が必要です。このRSウイルス感染症に特効薬はなく、治療は熱やせきなど個々の症状を鎮める対症療法のみとなっています。

沖縄県では季節はずれのインフルエンザが大流行

さらに、冬の流行疾患の代表格であるインフルエンザも、すでに流行の兆しが見えています。なんと、国内でも温暖な沖縄県で、さらにまだ夏の時期であるこの段階(第37週)で、定点あたりの患者数が52.22人と異常事態ともいえる数値になっています(グラフ赤枠内:沖縄県発表より引用)。
例年と比べて、報告数(赤枠内)が突出している

例年と比べて、報告数(赤枠内)が突出している

ちなみに、インフルエンザの警報と注意報の発令基準
警報:定点あたり30.0人以上
注意報:定点あたり10.0人以上

となっており、この時期の沖縄県の報告数は例年10人にも満たないことを考えると、いかに異常な事態かがわかります。沖縄旅行を計画している人は要注意ですね。なお、同県ほどではありませんが、東京都石川県高知県、九州各県(福岡県佐賀県大分県長崎県宮崎県鹿児島県)など、インフルエンザ患者数は、全国でも増加傾向にあります。

風疹は「緊急情報」が公開に、「リンゴ病」も4年ぶりの大流行

今年は、風疹患者も急増し、厚生労働省が注意を呼びかける事態となりました。それに加えて、過去の制度で定期接種を受ける機会がなかった1962年(昭和37年)4月2日~1979年(昭和54年)4月1日生まれの男性無償で抗体検査と、ワクチン接種が提供されています。この風疹の猛威を軽視できないことから、国立感染症研究所 感染症疫学センターは、9月25日に「風疹急増に関する緊急情報:2019年9月18日現在」を公開することとなりました。

ほかにも、ほおが赤くなることから「リンゴ病」とも呼ばれる「伝染性紅班」も、4年ぶりの大流行が予想されるなど、今年はさまざまな感染症への注意が必要です。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

シャーク森口 シャーク森口

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く