2020年3月30日 更新

【健康診断】“超悪玉”コレステロールとは?

悪玉コレステロールはよく知られていますが、実は「超悪玉コレステロール」も存在するのです。一体、どれほどの悪玉なのか、そして“超悪玉”を呼び起こす、名状しがたき畏るべき存在とは――!?

389 view お気に入り 0

気をつけなければならないのは○○!

 (3254)

ネコ先生:
それが実は、血中にありふれている「中性脂肪」なのです。
ただのカロリーで、肥満のもとにしかなるまいと思われがちな中性脂肪ですが、油断大敵。
中性脂肪が多いと、sd-LDLが増える(LDLが小型化する)とされているのです。
つまり、血中の中性脂肪値が高いと、動脈硬化などのリスクが高まるということです。

――いつもいる仲間キャラが実は本当の敵だった、パターンですね!

ネコ先生:
まさにその“いつもいる”というのが問題で、超悪玉コレステロールによる健康のリスクが特別なものではなく、だれにでも起こりうるものであることを示唆しています。
体質によって増えてしまうコレステロールと違い、血中の中性脂肪は、みなさんのふだんの食事そのものだからです。


――食生活がそのまま、ダイレクトにリスクにつながるのですね。

ネコ先生:
そのとおりです!
 (3238)

中性脂肪が増えるのは食べ過ぎや食事内容が原因ですから、自分でコントロールできます
適度な運動と、バランスの良い適量の食事について、自分自身で気を付けていくことが、脳・冠血管疾患の罹患リスクを減らすうえで大切なことなのです。


――なるほど、ネコ先生、ありがとうございました。
「中性脂肪が高いけど、コレステロールは高くないから大丈夫」
そんな考えの人、気をつけてください。
そのLDL、“超悪玉”かも知れません。

中性脂肪対策について、近くのドラッグストアで相談をしてみましょう。
超悪玉コレステロールに対する、私たちの戦いはこれからだ!
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<新商品>【日本初】の機能性表示食品のミックスナッツ、「リセットナッツ-きなこ風味-」新発売|ロート製薬株式会社のプレスリリース

<新商品>【日本初】の機能性表示食品のミックスナッツ、「リセットナッツ-きなこ風味-」新発売|ロート製薬株式会社のプレスリリース

食後の中性脂肪の上昇を抑えるグロビンペプチド※1入り「ミックスナッツ」/ロート製薬株式会社のプレスリリース<情報配信元:PR TIMES>

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

さばネコ さばネコ

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く