2020年1月30日 更新

新型コロナウイルス感染症の猛威は、あのSARS以上?【1月30日版】

新型コロナウイルス感染症が世界に拡大、ますます勢いを増しているようにも見えます。少し前に流行した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」の中国国内の感染者数を早くも上回っているとか……。そうした感染症から、自分や家族を守る方法はあるのでしょうか?

371 view お気に入り 0

SARS、MERSの仲間? コロナウイルスって?

 (2912)

日々のニュースでも目にするとおり、新型コロナウイルス感染症が急速に拡大中。1月29日には、すでに中国での感染者数は5974人と、2002年~2003年に流行した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」の中国国内の感染者数(5327人)を、わずか1カ月ほどで上回ってしまいました30日現在では、なんと感染者数は7711人、死者数は170人と急速に拡大しています。発生源と思われる中国にとどまることなく、さらに全世界に広がりつつあります。政府も28日、感染症法に基づく「指定感染症」と検疫法の「検疫感染症」に指定する政令を閣議決定しました。場合によっては、患者を強制的に入院させたり就業を制限したりすることができるというレベルのものです。WHOも、それまで「中程度」としていた世界的な危険性の評価を「高い」に改める(単純に記載ミスだったそうですが)など、深刻さが伝わってきますね。
このコロナウイルス、これまでにない型だということから、新型とされ、「2019-nCoV」と名付けられました。で、コロナウイルスというと、「あれ、そういえばどこかで聞いたことが……」という方も多いのではないでしょうか? そう、2002年~2003年に流行した「SARS(重症急性呼吸器症候群)」、2015年に流行した「MERS(中東呼吸器症候群)」もコロナウイルスでした。MERSは「中東」と名が付いていることからわかるように、サウジアラビアやアラブ首長国連邦など中東地域で広く発生している呼吸器感染症です。一方、SARSは今回と同じく中国から広がった(当時は広東省が中心だった)ウイルス性の呼吸器感染症です。新型ということで、当然治療法が確立されていない&免疫がないことから、急速にアウトブレイク(想定外の感染拡大)しているというわけですね。

感染拡大を防ぐ手立てはあるのか?

あのときの恐怖が再び……、と怖がるばかりではどうしようもありません。相手が同類ということで、人間様にもある程度の対策はわかっています。コロナウイルスは、消毒用アルコールや界面活性剤(端的にいうと洗剤ですね)での洗浄で不活化すること(感染する力が弱まること)が知られています。また、インフルエンザなどと同じく、「飛沫感染(ひまつかんせん)」と「接触感染」が主な感染経路と考えられています。感染者がせきやくしゃみをし、飛び散ったウイルスに触れた人が、それを口や鼻に入れてしまう、というあれです。

これらのことから、ある対策が非常に重要、かつ効果的であることが導き出せます。それは、そう、石けんなどを使った「手洗い」 何はともあれ「手洗い」! 「なんだそんなこと」と思わないでいただきたい。コロナウイルスに限らず、かぜなど呼吸器に障害を起こす感染症にかかってしまうのは、手にウイルスが付いたまま、その手を口や鼻につけたことで侵入を許してしまうというケースが大半なのです。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

家族がコロナウイルスに感染したらどうする?【情報更新:3月3日】

家族がコロナウイルスに感染したらどうする?【情報更新:3月3日】

感染拡大が続く新型コロナウイルス。感染予防対策を徹底するよう政府が呼びかけています。もし家族が感染してしまったらどうしたらよいか、確認しておきましょう。
みかん | 231 view
新型コロナ対策が効いた? さまざまな感染症が激減!

新型コロナ対策が効いた? さまざまな感染症が激減!

つらい自粛期間を、手洗い、マスク、そして消毒・除菌にがんばった結果は――驚くべきものだったのです。
さばネコ | 94 view
【手洗いの注意点】感染予防には、爪ケアも忘れずに!

【手洗いの注意点】感染予防には、爪ケアも忘れずに!

石けんを使ったこまめな手洗いは、ウイルスをはじめ多くの感染症の予防に有効です。厚生労働省も、外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗うように案内しています。ですが、手洗いのポイントのひとつに爪のケアがあることをご存知ですか?
みかん | 118 view
<使い捨てマスク>正しくつけなかったら意味がない!

<使い捨てマスク>正しくつけなかったら意味がない!

新型肺炎の流行が世界的なニュースとなっている今日この頃。細菌・ウイルスによる感染症が気になる季節や、つらい花粉の時期の必需品といえば、使い捨てマスクです。マスクは「つけていれば大丈夫!」と思いがちですが、誤った使用方法だと、本来の機能が発揮されません。自分に合ったサイズや正しいつけ方を確認しておきたいところです。
みかん | 669 view
【新型肺炎】せきが出るのにマスクをしないのは違法!?【インフルエンザ】

【新型肺炎】せきが出るのにマスクをしないのは違法!?【インフルエンザ】

かぜやインフルエンザなどにかかったとき、せきをすると、飛沫といっしょにウイルスや細菌が周囲にまき散らされるのは知っていますよね。じゃあ、マスクをせずせきをして、まき散らしたウイルスや細菌によってほかの誰かを感染させた場合、その人から訴えられたらどうなるのでしょうか?
ヱスヰ | 283 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

シャーク森口 シャーク森口

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く