2020年1月13日 更新

冬の乾燥肌に――あの注目の医薬品、ドラッグストアで手に入ります!

冬の乾いた肌を保湿し、凍えたお肌の血行を促す。ガサガサの乾燥肌にも、赤くむずがゆいしもやけにも、冬の肌悩みにファーストチョイスな塗り薬とは…

510 view お気に入り 2

医療用でも使われるヘパリン類似物質

 (2588)

冬の乾燥肌の薬といえば「尿素系」が有名ですが、ここでご紹介したいのは「ヘパリン類似物質」製剤です。
医療用としてよく知られるこの成分ですが、その肌へのはたらきには特筆すべきものがあります。

それがこの3つ。
1.保湿作用(角質水分保持増強作用)
2.血行促進作用(血液凝固抑制作用、血流量増加作用)
3.抗炎症作用(線維芽細胞増殖抑制作用)

肌をしっかり保湿し、同時に血行の促進まで行い、さらに悪いところがあれば炎症も抑えるというトリプル作用があるのです。
 

「ヘパリン類似物質」はドラッグストアで手に入ります!

 (2589)

この「ヘパリン類似物質」製剤は、医療用医薬品だけでなく、OTC医薬品として、ドラッグストアでも手に入れることができます。

効能・効果は
「手指の荒れ、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手足のひび・あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮膚、きず・やけどのあとの皮膚のしこり・つっぱり(顔面を除く)、しもやけ(ただれを除く)打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛」
などとなっています。

保湿・血行促進による乾燥肌の改善効果だけでなく、ねんざや関節痛などにも効くのは意外ですが、血行促進や抗炎症作用が期待できるためなのでしょう。
 

「でも、さぞかしお高いんでしょう?」

ええ、おっしゃるとおり、ちょっとお高いんです

ヘパリン類似物質を主成分とする市販薬の場合、20~50gの製剤で、1000円以上、ものによっては2000円以上する場合もあり、安価な尿素系と比較してしまうと桁がひとつ多くなります。

でも、医療用医薬品と同じ濃度の3%配合製剤で、皮膚用薬としてははそれほど高価でもありません。
保湿だけではない幅広いその効き目は、乾燥肌などにとてもオススメです。
 (2590)

毎年、冬が来るたびに乾燥肌でお悩みのアナタ、この効き目を試してみませんか?
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<新商品>マスク着脱による乾燥肌対策にも 「ヒルメナイド」からさっぱりタイプのローションが新登場!うるおってべたつきにくいヘパリン類似物質含有「ヒルメナイドローションライト」が新発売

<新商品>マスク着脱による乾燥肌対策にも 「ヒルメナイド」からさっぱりタイプのローションが新登場!うるおってべたつきにくいヘパリン類似物質含有「ヒルメナイドローションライト」が新発売

2020年9月11日より全国のマツモトキヨシグループ店舗(一部店舗を除く)と自社オンラインストアで発売/株式会社マツモトキヨシホールディングスのプレスリリース<情報配信元:PR TIMES>
<新商品>発売以来、多くのお客様にご利用いただく人気のヘパリン類似物質配合製品シリーズにマスク着脱などによる乾燥肌の修復に着目した「ヒルメナイド油性クリームプラス」が新発売

<新商品>発売以来、多くのお客様にご利用いただく人気のヘパリン類似物質配合製品シリーズにマスク着脱などによる乾燥肌の修復に着目した「ヒルメナイド油性クリームプラス」が新発売

2021年2月11日より全国のマツモトキヨシグループ店舗(一部店舗を除く)と自社オンラインストアで発売/株式会社マツモトキヨシホールディングスのプレスリリース<情報配信元:PR TIMES>
お風呂上がりに蕁麻疹が……冬のブツブツ・かゆみ対処法

お風呂上がりに蕁麻疹が……冬のブツブツ・かゆみ対処法

ありふれた症状のようにも思える蕁麻疹ですが、実は、そのほとんどが原因不明。食べ物、運動、温度、疲れ、アレルゲンといったさまざまな刺激と、その人の体質や体調などが合わさって起こるとされているのです。ここでは、冬に起こりがちな蕁麻疹の種類と症状、そして予防法などをご紹介します。
おれのいです | 7,695 view
冬こそやせる季節! 寒さに負けずダイエットで脂肪を燃やせ!

冬こそやせる季節! 寒さに負けずダイエットで脂肪を燃やせ!

冬…それは人を室内に閉じ込め、外出させる意欲を大幅に低下させる自然の魔法。しかし、同志よ! 我々「余分な脂肪を落とし隊」は、この時期にもっともやせやすいのだ! さあ、身にまとった脂肪という名の甘えを脱ぎ去ろうではないかっ! 今すぐダイエット道場の門を叩こう!
まっつん | 117 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

さばネコ さばネコ

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く