2020年10月26日 更新

軟膏、クリーム、ローション…何がどう違うの?

いざ薬を買おうとしたときに目に入る、商品名に書いてある「軟膏」「クリーム」「ローション」の表示。「成分は同じなんだから、どれもいっしょでしょ?」と思う方も多いはず。実はけっこう違ってくるんですよ。

293 view お気に入り 0

有効成分や効き目はどれも同じ

 (4478)

結論から言ってしまうと、有効成分の構成が同じ商品であれば、軟膏やクリームなど薬の形(剤形といいます)が違っても、効き目(効能・効果)はどれも同じです。
正しく用法・用量を守れば、体内に入る有効成分の量は同じだからです。
「実はクリームより軟膏のほうが効きやすい」みたいなびっくり情報はいっさいないのでご安心(?)ください。

では何が違うんでしょうか?

基本的な違いとして、
・成分を溶かしているベース(基剤ともいいます)が「油」「水&油」「水」のどれか
という点があり、それがダイレクトに関係するのが、
・傷口への刺激具合
・ベタつき具合
など。
使用するにあたって、けっこう違ってくるんです。

実際に、それぞれの剤形で何が違うのか見ていきましょう。

…え? このくだりをどこかで見たことがあるって?
そう思った方はこちらをもう一度チェックしてみてくださいね(満面の笑み)。
錠剤、カプセル、粉薬などなど…何がどう違うの?

刺激を少なくしたいなら、油ベースで作られた「軟膏」

 (4481)

軟膏の大きな特徴は、油をベースに作られていること(ここでは例外には触れません)。
ベタつきは強いですが、水をはじくので皮膚を保護する効果があります。

どういうときに使えばいいの?

水に触れるとしみて痛いような患部に使うのがおすすめ!
水をはじくので、患部への刺激を抑えてくれるんです。
患部がジュクジュクしているような傷や水虫に適しています。

ネットパイロティング(株)_どう違うの?「軟膏」_2010

23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

錠剤、カプセル、粉薬などなど…何がどう違うの?

錠剤、カプセル、粉薬などなど…何がどう違うの?

いざ薬を買おうとしたときに目に入る、商品名の横に書いてある「錠剤」「細粒」「顆粒」「カプセル」たち。「成分は同じなんだから、どれもいっしょでしょ?」と思う方も多いはず。効き目は同じですが、実は少しだけ違うところがあるんです。
まっつん | 870 view
くしゃみを止める薬 【花粉症と医薬品】

くしゃみを止める薬 【花粉症と医薬品】

ドラッグストアの売り場といえばさまざまなカテゴリーの医薬品コーナー。そうした医薬品につながる、病気と薬の仕組みについて、シンプルに解説していきます。ここでは、「花粉症」に関連した情報をまとめました。
さばネコ | 97 view
予防接種・ワクチン 【予防】

予防接種・ワクチン 【予防】

ドラッグストアの売り場といえばさまざまなカテゴリーの医薬品コーナー。そうした医薬品につながる、病気と薬の仕組みについて、シンプルに解説していきます。ここでは、「感染症」に関連した情報をまとめました。
さばネコ | 59 view
手洗い 【予防】

手洗い 【予防】

ドラッグストアの売り場といえばさまざまなカテゴリーの医薬品コーナー。そうした医薬品につながる、病気と薬の仕組みについて、シンプルに解説していきます。ここでは、「感染症」に関連した情報をまとめました。
さばネコ | 43 view
食中毒の予防 【予防】

食中毒の予防 【予防】

ドラッグストアの売り場といえばさまざまなカテゴリーの医薬品コーナー。そうした医薬品につながる、病気と薬の仕組みについて、シンプルに解説していきます。ここでは、「感染症」に関連した情報をまとめました。
さばネコ | 44 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まっつん まっつん

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く