2020年10月12日 更新

高機能目薬が効かない? 【効かない●●買っちゃった!】

「ドラッグストアで薬を買ったけど、全然効かない」という方、それは購入した薬がたまたまあなたの症状に合っていなかっただけかもしれません。ここでは、そんなあなたに、医薬品を買うときのコツをご紹介しましょう。今回は「高機能目薬」です。

218 view お気に入り 0
 (4335)

<今回のケース> 目がショボショボ → 複数成分配合の高機能目薬を購入

40代働き盛りのビジネスパーソンAさん。会社では一日中パソコンに張り付いてデータとにらめっこ、通勤の行き帰りや家ではスマホやタブレットを見続けている、という生活…。そのせいか、「目がショボショボする」のが気になり、ドラッグストアで目薬を買うことに。たくさん種類があって、どれを選んでいいかわからないAさんは、「いろいろな成分が入っていて効きそうだし、“目をスッキリさせる”っていう、この高い目薬を買ってみよう」と、価格も高めな目薬を買って帰ります。

ところが、使ってみても良くなるどころか、清涼感が目にしみてより不快に…。何がいけなかったのでしょうか?

<薬剤師からのアドバイス> 「高ければ何でもいい」わけではない

 (4329)

薬剤師:米山 博史

昭和薬科大学卒業後、医療機器系の会社に勤務。ドラッグチェーンに転職し、エリアマネージャー、教育担当として従業員の学術教育を担う。
その後、ネットパイロティングに入社。学術担当マネージャーとして、医薬品販売や薬理・病理に関する4000以上のコンテンツ制作、登録販売者の試験対策教材・外部研修教材などの制作、試験対策セミナーの講師などを務めている。
多くの種類が存在し、どれを選べばいいのかわかりにくいのが目薬。今回のケースでは、自分に合う商品なのかをよく確認せず、価格で決めてしまったところに失敗の原因があるようです。

価格の高い高機能目薬は、さまざまな症状に効くように多種類の成分(や添加物)が配合されていますが、場合によっては、それが別の不快感を引き起こしてしまうこともあるのです。

たとえば今回のケースでいえば、「目がショボショボする」のは目の表面が乾燥している可能性が高く、高機能目薬よりも、角膜を保護する成分を配合した涙液型の目薬が合っています。おそらくAさんは、パソコンやスマホなどを長時間見ることでまばたきが少なくなり、涙液が不足した状態だったのではないでしょうか。涙液不足になると目の表面が傷つきやすくなるため、そこへ添加物「l-メントール」で清涼感を高めた商品を使用したことで刺激になったと考えられます。
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<新商品>日本初※1保水成分「精製ヒアルロン酸ナトリウム」を医療用と同濃度配合※2のOTC医薬品「ヒアレイン®S」9月16日(水)より全国で発売開始

<新商品>日本初※1保水成分「精製ヒアルロン酸ナトリウム」を医療用と同濃度配合※2のOTC医薬品「ヒアレイン®S」9月16日(水)より全国で発売開始

高い保水力でうるおいを保ち、涙のトラブルによる“目の疲れ・乾き・かすみ”を改善!~石原さとみさんを起用した新しいコミュニケーションを展開~/参天製薬株式会社のプレスリリース<情報配信元:PR TIMES>
<新商品>コンタクト用目薬で日本初!ブルーライト等による疲れ目に効く硫酸亜鉛水和物を配合した「ロート デジアイ®コンタクト」新発売

<新商品>コンタクト用目薬で日本初!ブルーライト等による疲れ目に効く硫酸亜鉛水和物を配合した「ロート デジアイ®コンタクト」新発売

スマホ・PCの画面がぼやけて見えづらい「疲れ目」の方に/ロート製薬株式会社のプレスリリース<情報配信元:PR TIMES>
「サンテ(目薬)」の違い ――市販薬、裏から見てみよう!【6】

「サンテ(目薬)」の違い ――市販薬、裏から見てみよう!【6】

あなたを潤す、溢れる色と刺激の目薬「サンテ」
さばネコ | 3,669 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

シャーク森口 シャーク森口

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く